収入リスクを軽減|マンション賃貸経営をスムーズに|安定の家賃収入を得るコツ

マンション賃貸経営をスムーズに|安定の家賃収入を得るコツ

収入リスクを軽減

握手

家賃保証というのは、万一入居者の家賃支払いが送れた場合でも代わりにサポート会社が家賃を支払ってくれるシステムになっています。ですから、家賃回収のリスクを軽減することが出来るでしょう。入居者によっては、家賃滞納で逃げられてしまう可能性もあります。その場合、家賃を回収することが出来ないのですがサポート会社がそれも負担してくれるので安心して不動産経営を行なっていくことが出来ると考えられます。また、マンション管理会社によっては家賃保証を設けているところもあります。空室の場合は誰も住んでいないのでもちろん、家賃は発生していません。その場合、家賃収入が得られないのが当たり前なのですがそれも家賃保証してくれるマンション管理会社があるので確認しておくと良いでしょう。

家賃保証は全てのマンション管理会社が行なっているわけではないので、安心した不動産投資を行ないたい場合は家賃保証制度を設けているマンション管理会社に依頼をすると良いです。しかし、家賃保証はメリットだけではありません。もちろんのこと、デメリットも存在するのです。デメリットの一つに賃料が挙げられ、賃料の値下げをされてしまうこともあります。値下げになると満足のいく家賃収入を得ることが出来ず、中には投資用として購入した不動産のローンを支払うことが出来ない場合があります。その場合、不動産売却を行なうか任意売却、最悪な場合は競売になってしまうので破産しないように注意しましょう。修繕費などは別途でかかったりもするので、事前にメリットだけを確認するのではなくデメリットも知っておくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加